あなたの理想の結婚生活は?具体的なイメージから、男性選びの条件を決めよう

理想の男性って?

婚活してるけど、理想の結婚生活や理想の男性って
あんまり考えたことがないんだよね…
という人もいるかもしれません。

しかし、例えばですが、
会社のイメージや仕事のイメージをまったく考えないで就職したら
大変なことになりませんか?

思ってたのと違った…
ということになる確率が確実に上がっちゃいますよね!

人はイメージしたことにフォーカスする能力があるので、
「こういう人がいいな」と思えばそういう人を見つけやすくなります
そうすれば漠然と活動するよりも、早く相手が見つかりますよ。

にゃんこ

この記事を読めば、
失敗しない男性選びの条件の決め方が分かるよ!

具体的なイメージと優先順位を決めることが大事

理想の相手というと、

  • 年収1000万円以上
  • 年齢が30~40歳くらい
  • 学歴が高い
  • 話していて楽しくやさしい人

などのありがちな条件から出てくるかもしれません。

しかし、あなたが一緒にいて気負いなく楽しく過ごせる友人の
年収・年齢・学歴が気になったことはありますか?

年齢が近いことは多いと思いますが、一緒に過ごしている時に
年収が…とか学歴が…とかふつう考えないですよね?

実際、どれだけこの条件にマッチしていても
(マッチしてるに越したことはないんだけども)
一緒にいて居心地が悪く、楽しくない相手と結婚したい人はいないと思います。
年収が高い人が、あなたにお金をくれる訳でもありませんし、
学歴が高い人が、常にあなたに最善のアドバイスを
くれる訳でもありませんからね。^^;

年収・年齢・学歴などはある程度、生活や価値観の基準になりますが、
絶対的な価値ではないのでこれを最優先にして
婚活するのはやめた方が良いですよ!

年収が低くても不動産持っていたり、収入元がある人もいたりしますし…
結婚後に転職して年収が増えたり減ったりすることもありますからね。

ただ、結婚後に専業主婦になりたいし、子どものためにも
ある程度収入がある人がいいなぁとか
そういうポジティブな理由で年収に幅を持たせるのは良いかもです。

えにこ

どうしても条件として譲れない場合はなにを入れてもOK!なぜ譲れないかだけしっかり考えてみてね~

年収1000万円の男性と結婚したい

アラフォーの人が同年代の年収1000万の男性をやみくもに狙うのは
あんまり効率がよくありません。
50代以上の人でもいいから!どうしても!!とか
年収以外の条件を気にしないなら可能性は高くなりますが…。

年収1000万の男性は自分に需要があってよりどりみどり!
ということを分かっているのです。
女性なら20代のモデルくらい可愛くて美人!みたいなステータスです。

自分にどの程度の需要があるのか…
試してみるのは良いことですが、可能性の低いところをずっと狙っても
なかなか「結婚」にたどり着くのは難しいですよね。

自分に自信があって、どうしてもという信念のある人は、
ハイステータス限定の結婚相談所がありますので、
そちらで一度相談されるのが良いと思います。
ただし、ハイステータス限定と言っても、結婚相談所同士での
ネットワークを利用してお見合い相手を選びますので、あまり調子の良いことを言う結婚相談所は注意が必要です。

にゃんこ

お金があるかより、本当にあなたのことを大事にしてくれる人なのか?が大事だよ~幸せになろうぜ!

パートナーと一緒に過ごす理想の日常生活は?

ではどんな観点から条件を決めたら失敗しにくいかというと
「日常生活」のイメージです。

基本的に男性は仕事をしているはずなので、
平日の朝と、仕事から帰って来て夜、
どんな風に過ごすのが理想でしょうか?

もしあまり一緒にいられないとちょっとなーと思うなら、
在宅勤務や自営業で時間の調整がきく人の方がいいかもしれません。

理想が思いつかなければ、こういうのはイヤだなという
ナシの方向から考えて、アリに置きかえても良いです。
例えば、朝ご飯は食べずに過ごすのか、朝からゆっくり過ごすのか
人によってライフスタイルが違います。
結婚したからと言って、習慣ですからすぐに変えるのは難しいかもですね。

朝と夜の数時間、その時間をどんな風に、どんな人と一緒に過ごしたいか、
一度考えてみてくださいね。

それが出来たら、土日やお休みの日には、
どんな風に過ごしたいか考えてみましょう。

にゃんこ

いつもゴロゴロして自由に過ごせればそれでいい!猫ですから

出てきた条件に優先順位をつける

理想の生活をベースにすると、お相手のイメージも
それほどムリなく想像できるのではないでしょうか?

スピーディーに物事に対応するタイプなのか、
ゆったりと過ごすタイプなのか、
理想の生活や関係するものに共感するのはどんな人でしょうか?

ちなみに私は、
平日の夜や土日など家にいる時は、
勉強したり絵を描いたりしたかったので、
家での趣味がある人や、家で勉強するタイプの人がいいなぁと考えてました。
夫はまさにそういうタイプの人です。

出てきた条件に優先順位をつけて、
リストアップしてみましょう!

えにこ

紙に書きだして、優先順位をつけてみてね

外見的なイメージはあまり決めない方が選択肢が広がる

私や周りの人は基本的にイケメン好きな人があまりいないのですが、
男性の外見については「清潔感があればOK」くらいで、
特にこだわりがありません。

残念ながら結婚相談所に入会している男性で、
イケメンっぽい人は少数派です。
(30代前半だったり、バツイチの人だとイケメンっぽい人もいます)

コンプレックスからの望みは叶いにくいのですが、
どうしてもイケメンじゃないと愛せない…!
という人以外は、男性の外見にあまり執着しない方が、
良い人に出会える可能性が上がります。


注意点として、健康診断がA判定ではない、
肥満気味の人などは保険料などが高くなりますし、
一般的には病気になる可能性も高くなります。
まぁ年齢とともに難しいところですが。

私は自分がやや太めなので、自分より太めの人の方が落ち着くんだけど、
夫は若干(?)脂肪肝の気があるのが心配です…。

えにこ

結婚前からダイエットしてくれてて、少しずつ痩せてるみたいだけどw

問題が起きた時、パートナーと一緒にどう解決していく?

結婚後の長い人生…
共同生活が始まったり、子どもが生まれたり、お金のことで何かあったり、
両親のことで何かあったりするかもしれません。

問題というほどでなくても、
細々と話し合っていかないといけませんよね。

一緒にいて楽しい!だけではなく、
ちょっとした事でも困った時ににちゃんと助けてくれる?
マジメな話をした時に、適当にスルーしないか
、気にしてみてくださいね。

こういうのはノリが合う合わないだと思うけど、
私はマジメモードの話を受け止めてくれない人は
「大事にされてない感」がしてイライラしちゃう…心が狭いので!

にゃんこ

にゃんこは構ってくれないとストレス感じるタイプ

最初に決めたイメージは、どんどん修正していい

最初に決めたイメージは、色々な男性に会って、
こういう人がいいと思ってたけど実際はこっちの方がいいな、とか
意外と私は男性のこういうところが気になっちゃうな、とか
出てくると思います。

そのつど、理想のイメージはどんどん修正してくださいね。

どんどん理想の要素を追加するというのではなく、
これだけは譲れないという条件を3つほどに絞って
それにマッチしてるのかを判断する材料にすると良いですよ!

私は婚活を始めた頃に、
理想の要素をリストアップして、
上位3つの条件を意識しながら婚活をしていました。

えにこ

みんなにやさしい人がいいな、と思ってたけど、いろんな女性にやさしくしてるのが下心ありそうでイヤだなぁとか、家事出来る人がいいと思ったけどできるのに非協力的な感じの人もいる、とかで色々変更していったよw
まとめ
  • 理想の日常生活にマッチした男性をイメージする
  • 問題や困ったことへの対応をチェックする
  • 譲れない3つの条件を絞って、つど修正していく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。